創立記念日イベント「Think NESIC~みんなで未来を考える日~」をZoomウェビナーやらSlido、自社スタジオ、Vtuberを使って開催してみた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

創立記念日イベント「Think NESIC~みんなで未来を考える日~」をZoomウェビナーやらSlido、自社スタジオ、Vtuberを使って開催してみた

①はじめに

創立記念日について皆さんどう思いますか?
私たちのNESIC(NECネッツエスアイ)も、OB・OGの諸先輩方や、現役社員の皆さん、協力会社の皆様、お客様、株主様等多くの方々に支えられて、
67歳」になりました😁🎉

特に今年は新型コロナウィルスの関係もあり、働き方や、マネジメントの在り方、プロセス等、様々な変化があったのではないでしょうか?

この激動の時代を、社会と共に生き、100歳を無事に迎えるために、創立記念日に「社員の皆が今後のNESICをどうしたいか? それを受け経営陣がどのように考えているのか?」という、

コミュニケーション企画「Think NESIC~みんなで未来を考える日~」を、2020年12月01日に実施しました。

※ちなみにNESICの歴史(沿革)を見たい方はこちら

②当日プログラム

画像1

このような形で、当日はイベントが開催されました。
ちなみに当日使ったものをおおざっぱにお伝えするとこちら。
※技術詳細は後日、別記事に掲載します

(1)Slido→ セミナーやイベントでの質問や意見を可視化する、オーディエンスインタラクティブサービス
(2)Zoom→ ビジュアルコミュニケーションサービス
(3)Vtuber(3tene + ボイスチェンジャー)→ 3Dキャラクター
(4)Studioサービス→ NESICの配信スタジオ

③イベント参加者

本イベントですが、4種類の参加者がいます。

(1)Zoom参加社員(今回なんと、1,321名の参加者がありました😲)
(2)社員代表8名(若手~ベテラン、中途、外国籍の方などバラエティある布陣)
 →心理的安全性を考慮し、サンタコスプレを用意しました🎅🤶
(3)経営陣6名(営業、事業部、スタッフの各TOP)

そしてなんと・・・Vtuberの司会っ!
(4)「Aさん」と「Bくん」 ※商標出願のため別名+画像を加工しています

画像15

④それでは、イベントスタート! 概要説明


初めに、牛島社長がイベント概要を説明し、早々と、
本イベント初お目見えVtuber社員「Aさん」と「Bくん」に、司会とファシリテータをバトンタッチ。

まずは二人の自己紹介。
特に、「Bくん」は、NESICが「南極事業」をしていることに加え、「イノベーションに向かってチャレンジできるような会社になっていこう」という意味合いを込めて選ばれたようです。

続いて、
社員代表の8名、経営陣6名の説明。
特に、ネットワークインフラ事業本部の竹内常務は、これから導入される「NESICの新しいユニフォーム(作業着)を着て参戦!
皆さんがより快適かつ、誇りをもって働いてもらえるようにユニフォームを変えるのですが、事業本部の皆さんの声を取り入れつつ良いものができたと、嬉しそうに語っていました😁✨

画像3

その後、slidoの利用方法を説明して早速「トークセッション1へ」

⑤トークセッション1

画像4

トークセッション1は、事前にSlidoでトークテーマを募集した中で、一番の支持(いいね)があった「企業文化・風土」について。

まず、slidoのワードクラウドを使って下記3点を、Zoom参加社員(1,321名)に聞きました。

・皆さんのNESICの良いと思う企業文化は? 
・皆さんのNESICの改善したいと思う企業文化は?
・どうしたら改善できると思う?

(1)皆さんのNESICの良いと思う企業文化は? については下記のような内容でした。

画像5

この結果を受けて、社員代表の8名の説明、経営陣6名に話しを振りながら、トークセッション!

この流れで、あと2テーマ「改善したい内容」「どうしたら改善できる?」を行いましたが、結果はここではナイショ😘
ただ、1位はお伝えしておくと「縦割り(改善したい内容)」「ジョブローテーション/360度評価(どうしたら改善できる)」でした。大人数の企業ではあるあるですね💨

⑥社内なのにCM1(笑)

こちらは、各部門にお願いして1分程度の部門紹介的な動画の作成をお願いしました。※後日NESIC公式youtube掲載予定
どうしてこういったことをお願いしたかというと、
皆さんご認識の通り、NESICとしてお客様や社内に効果的に訴求しようとすると、動画が重要になるからです。今の若い方々は、TikTokやInstagramで発信するにあたり、動画を作成することにネイティブな世代だと思い、動画文化醸成と人材発掘という観点でお願いさせて頂きました。

こちら見事に大はまりっ!!!
下記左列から(1)営業統括本部 (2)ビジネスデザイン統括本部 (3)デジタルソリューション事業本部
皆、動画も音楽も、各部門と製作者の色が出ていましたね!!!

画像6

※このCMの間に、社員代表で身バレOKな猛者はサンタ衣装を脱いでもらいました。ビジネスデザイン統括本部の石井さんは、トナカイになってますね(笑)

画像11

⑦トークセッション2

続いては本題!「10年後のNESIC」について皆で考える。
トークセッション1に引き続き、slidoのを使って下記4点を、Zoom参加社員(1,321名)に聞きました。

・2030年、NESICは変化していると思いますか?
・どんな風に?視聴者アンケート②
・next10年でどれくらいの売上を目指す?
・next10年でどんな事業をやりたいか?

まず、2030年、NESICは変化していると思うか?
おぉ、良い結果ですね。この一年会社としてChange/challengeを言い続けてきたかいがあるというものですね。

画像7

次は、「どんな風に変化している?」です。
一部センシティブなものがあるので抜きますが、おぉ😲 働き方の会社らしく「オフィスがなくなる」が一位ですね。
仮想な世界で働く時代がくるでしょうか?楽しみです。

画像8

次は、「2030年の売上」
これは凄い!!!現在NESICの売上3,036億円(2020/03実績)ですが、5,000億や1兆円がこんなに多いとは。心強いですね!

かなりの成長に見えますが、関澤常務が話していた言葉が印象的でしたね。「5,000億であれば、年率で6%程度の成長で可能です!」
こう聞くと、何故か可能な気がしてきますね。皆で頑張って是非実現しましょう!!😆👍

画像9

次は「2030年、どんなビジネスをしていたいか」
やはり社会インフラ事業が根底としてありながらも、色々なものがありますね。この中から想いを持った人が、実際2030年のNESICの事業にしてくれればとても嬉しいですね!

画像10

上記結果を受けて、社員代表の8名の説明、経営陣6名に話しを振りながら、トークセッションをしました。

⑧社内なのにCM2

さぁトークセッションも終わり、エンディング・・・の前に、CM2!
下記左列から(1)ネットワークインフラ事業本部 (2)エンジニアリング&サポートサービス事業本部 (3)コーポレートスタッフ

こちらも凄いクオリティでしたね!そして、これぞNESICの事業の醍醐味といったスケールの大きい仕事も印象的でした!!!
まさに「NECネッツエスアイグループ宣言」で掲げている通り、
海底から宇宙まで、つながる社会を支え、より快適で便利なコミュニケーションをし続けます。」ですね。

画像15

⑨エンディング

あっという間の1時間15分最後は、Vtuber「Aさん」と「Bくん」にしめてもらおうと・・・

あれ「Bくん」の声が・・・あれ・・・画像も・・・

画像15

から・・・「牛島さん(社長)へ!!!

画像14

やたら、常務陣に鋭く突っ込むと思ったら(笑)
皆さん気が付いていたでしょうか???

最後に牛島さんの締めの言葉と、頂いたご意見については、随時回答させて頂くということで、本イベントは終了しました。

⑩最後に

今回は月初の忙しい中、「社員の皆さん、社員代表の皆さん、常務の皆さん」ご参加頂きありがとうございました😉

日本一コミュニケーションのよい会社」を目指すかつ、
社員の皆さんが、NESICで働き続きたい!色々チャレンジしてみたい!!!と思えるよう、どんどん施策やイベントを実施しますのでよろしくお願いします😎

※本動画を見たい方(社内限定)は、slack「#info_全社向けお知らせ」の12/2投稿にURLがありますのでそちらから
※また、こんな企画をしてみたいというお声ございましたら、コーポレートカルチャーデザイン室までご連絡お待ちしております

今回の記事は
コーポレートカルチャーデザイン室 小尾が書きました

画像15


この記事が参加している募集

オープン社内報

最後までお読みいただきありがとうございます!

スキありがとうございます!
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com