「社会実装に向けたNECネッツエスアイのローカル5G戦略」について記者会見を行いました
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「社会実装に向けたNECネッツエスアイのローカル5G戦略」について記者会見を行いました

NECネッツエスアイ株式会社(公式)

こんにちは。NECネッツエスアイ コーポレートコミュニケーション部です。

今回は、いよいよ実用化段階を迎えようとしているローカル5Gについてのお話です。

ローカル5Gとは
経営課題や地域が抱える様々な社会課題を解決する次世代の移動通信システムとして注目されています。現在、多くの企業や自治体が今後のローカル5Gの社会実装を見据えた実証実験を行っていて、その有用性が検証されています。

こうした背景のもと、ローカル5Gの導入に向けた機運は年々高まっており、当社も本格化するローカル5Gに向けた戦略を発表するため、2月28日(月)日本橋イノベーションベースにて記者会見を行いました。コロナ禍ということもあり、対面形式&Zoomウェビナー形式を併用したハイブリッド型で会見を行い、多くの方にご参加いただきました。

当社執行役員の中川と、グループマネージャーの有川

当日は、当社が手がける「まちづくりDX」「働き方DX」それぞれの強みを活かせる「地域ネットワーク」と「インビルネットワーク」をローカル5Gの注力領域として定め、それぞれの領域を支える最適な製品群を揃えたことを発表しました。

参考:2/28プレスリリース 
          NECネッツエスアイ、社会実装に向けたローカル5G戦略を発表
        (当日の資料は下記よりご確認ください)

また、会場では、今回発表した製品群の展示も行いました。

左から、フレアシステムズ社製品、NECマグナスコミュニケーションズ製品、HFR社製品

これから市場の本格拡大が見込まれるローカル5G。
当社は、自らの強みを活かして戦略的なソリューションを展開することで、お客さまに最適なローカル5G環境の提供を進めていきます。

参考:NECネッツエスアイのローカル5Gについて

この記事はコーポレートコミュニケーション部が作成しました。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただきありがとうございます!

スキありがとうございます!
NECネッツエスアイ株式会社(公式)
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com