みんなでリモート謎解き、オンライン飲み会やってみた!!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

みんなでリモート謎解き、オンライン飲み会やってみた!!


【風通しのよい職場】
さて、これは就職活動をしたことがある方であれば、誰もが一度は耳にする言葉です。なんとなく、「いい会社そう」を表すポジティブな印象を受ける方が多いと思います。
コロナ禍でテレワークというニューノーマルな働き方が定着してきた中、NECネッツエスアイ(以下NESIC)では、国内でもいち早く全社員が在宅勤務を行っております。※勤務上在宅が不可能な業務除く

2020年のある日、そんなNESICがとある問題に直面していました。

「あれ、オフィスに人がいなさすぎて、風通しが良すぎない?」

画像1


普段仕事をするチーム内ですら日々の雑談がなくなり、淡々と仕事をこなす毎日😓
「情報通信機器を利用した多様な働き方の実態に関する調査」によると、テレワークにおいてコミュニケーションに問題があるという回答は約28%と、10人のうち2、3人の人たちが業務中になんらかのコミュニケーション不全を感じることが明らかになっています。NESIC内で主に不満として挙げられたのは下記の4つです。

【在宅勤務の課題】

画像2


コミュニケーションの低下は明らか。会社で顔を合わすことがないため、部署が違う社員はもはや別世界の住人のようになっている現状が分かりました🙄

     A部署    B部署

画像3

そこで2020年某日、事態を重く見たNESIC上層部は社内でこんなプロジェクトを発足しました。

画像4

縦じゃない。 横 横 横だ。

「もっと違う部署と交流しよう!!」ということで企画がスタートしました。
世はまさにコロナ禍。当然集合型のイベントなどできるわけもなく、オンライン主体のイベント企画がメインとなりますが、ここで一つの問題が浮上します。

【オンライン、誰もしゃべらず、オフライン】

日本人の奥ゆかしさと言いますが、不思議なことにオンラインだと途端にしゃべらなくなる人が多くなります。色々と理由はあると思いますが、声の出だしがかぶるのも消極的になる一つの要因ですね。徐々に会話をリードする人がいなくなり、ゆずり合いの精神にあふれる結果となります😅

画像5


企画の主旨として、初対面の人が全員しゃべって自然にコミュニケーションをとれるようなイベントを考える必要があります。

毎日終電まで企画を考える毎日・・・
いっそのとこNintendo Switchでゲーム大会なんて・・・
・・・、ゲーム?

はっ・・・!!そうだ、リモート謎解きをやろう!!

ある社員の意見で一気に企画打ち合わせが加速することになりました。
皆様、リモート謎解きはご存じでしょうか。

【リモート謎解き】
リモート謎解きとは、オンラインでもチームビルディングが出来る大人数参加型の謎解き脱出ゲームのことです。zoomなどを使い、チームで協力をしながらストーリーに沿った謎を1時間の間に解き、脱出を目指します。

画像6

遊びながらチームビルディングを形成できるなんて一石二鳥ですね😊
世の中の進歩はすごいです。こちらのリモート謎解きは実際に社内の研修等で利用されることも多いようで、体験した人の評判もなかなかのようです。

企画が決まればあとは時期と予算。

NESIC上層部の強い後押しもあり、驚くべきスピードで企画が通り
2021/5/19 第一回目のリモート謎解きが開催されました。
今回NESICで挑んだ謎がこちら。

画像7

                        ※出典 株式会社IKUSA

参加者は新入社員から執行役員まで予想をはるかに超える144名。
24チームに分かれてのスタートとなりました。
水曜の業務終了にスタートしたため、参加スタイルは人それぞれ。
ほとんどの方が自宅からリラックスして参加となりました。
中には始める前から酔っぱらっていた方もいらっしゃいました😂(笑)

画像8

今回のチーム分けでは初対面の人をグループにしているため
初めに簡単な5分程度の自己紹介をする流れにしました。

画像9

画像10

画像11

画像12


一部の新入社員にとっては執行役員との初めての会話が謎解きになってしまいました(笑)

実際の謎解きの内容をお伝えすることはできませんが、解くためにはチーム内で協力しないといけないもの、逆転の発想が必要なもの、発想力が問われるものなど様々な謎で楽しめる内容となっておりました。
中には早々に壁にぶちあたり、運営に「ひ、ヒントくれ~~」と助けを求めた社員もいたそうです(笑)

画像13


突然ですが、ここで読者の皆様も謎解きに挑戦してみませんか!?
今回運営いただいたIKUSA株式会社様よりお試し謎を1問ご提供いただきました、IKUSA株式会社様ありがとうございます🥰
下記の画像を矢印の方向に読んでみてください、一体どんな答えが浮かび上がってくるでしょう?😁

図1

皆さん謎は解けましたか!?
どうしても分からない・・・という方、にはここでヒントです!

ヒント・・・矢印の部分だけでなく画像全体を見渡してみてくださいね😊
※答えはこの記事の最後に掲載しています。

さて、イベント当日は大盛り上がりの中、あっという間に1時間が立ち、楽しかった謎解きが終了となります。
謎解き後は各チームに毎にリモート飲み会を1時間ほど楽しみました。

【結果発表】
■1位 Eチーム

画像14


■2位 Jチーム

画像15

■3位 Hチーム

画像16

 
入賞された皆さん、おめでとうございます。
特に1位の42分20秒という記録は歴代最速かもしれないとのことでした。
開催後に実施したアンケートでも、イベントの盛り上がりを反映するような結果になりました。

アンケ


【参加者のコメント】

・メンバー内で情報を共有しないと解決できないなどがあり、非常に面白かった。

・まだ配属されていない新入社員や、執行役員の方など、
普段接することができない方と話をすることができてよかった

・チームメンバ是認で取り組めたので、想像以上に楽しい時間が過ごせた


最後には集合した全員で写真撮影を行いました。
皆様、お忙しい中イベントに参加頂きありがとうございました!

全体1

全体2

全体3


さて、皆さんお待ちかね、先ほどの謎解きの答え合わせです😍

図2

答えは「リモート」です!
どうでしょう、皆さん分かりましたか??
下のアイコンと問題に書かれた図が同じものだと気づくことがこの問題を解くカギでした😄

まだまだコロナが落ち着かず、大変な毎日ですが皆さん有効にリモートを活動し、仕事もプライベートも充実させていきましょう😊

最後までご愛読いただき、ありがとうございました!!


主催 NECネッツエスアイ株式会社 加藤 林 十時 渡邉 細田 諏訪

この記事が参加している募集

オープン社内報

最後までお読みいただきありがとうございます!

スキありがとうございます!
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com