見出し画像

社内報📣「働く皆さん」で改善したいものや必要と思うものの意見を集める仕組み「koe(コエ)」絶賛実施中です(投稿/投票〆は3/9)👷‍♂️👷‍♀️

①はじめに

NECネッツエスアイの皆さん。2/10から始めた「koe(コエ)」という企画・仕組みにつきまして、Slackの「全社向けお知らせ」チャンネルやNESICのポータルサイトの「全社一斉お知らせ」への掲載だけでしたが、なんと😲すでに「140」もの投稿を頂いており、事務局側大変驚いております。
まさに「多謝」です✨

なお、まだ見られていない、投票投稿していない方につきましては、3/9(火)まで受け付けておりますので、是非あなたの「声」を同じNESICで働いている皆さんに届けてみてください😉
※NESICのポータルサイトの「会社の今を知る」にリンクがあります

②どのようなものか?

社内のまだ見られていない人や、社外の人に説明すると、近年NECネッツエスアイではDX化の波が凄いスピードで来ており、またそれを事業とすることから新しいものを生み出す/取り入れることが多くの部門で求められています。

でも、ふと考えてみてください🙄
新しいことをするにはトライアンドエラーがつきもので、今までのものを回すよりも、「労力と時間」が必要となります。
そして、大抵は現状ある業務も回し続けなければなりません。

そこで、コーポレートカルチャーデザイン室に部門代表として参加してくれている、DSの梅沢さんと、ESSの中田さんが

「そもそもの時間を生み出すために、不要なものを削ったり、改善したり、必要な仕組みを声として集めたらどうかな?」


とアイディアを出してくれて、始まったのが本企画となります!

③どういう企画・仕組み?

企画・仕組みとしては下記の資料の通り、かなり単純です。
ポイントとしては3点あります

(1)Slidoでの投稿/投票(完全無記名)による「心理的安全性の確保」
(2)支持が高いものは「事業実行会議」へ
(3)「実現容易度×重要度」を各部門と9ブロックへプロットし 「優先付けをして実行」へ

画像2

画像2

④最後に

VUCA※1と言われる時代で、どのような産業でも急激な変化を強いられる時代ではありますが、「社員の皆さん1人1人の考えや力を発揮」できれば、いつでも社会から必要として頂ける、強いNESICを創れるのではないでしょうか?

是非是非その「皆さんの考えや力、そして声を届ける場の1つ」として、投稿や投票の程、宜しくお願いします🙆‍♂️🙆‍♀️

※1 Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べたもの

今回の記事は コーポレートカルチャーデザイン室 小尾が書きました。

Thanks コーポレートカルチャーデザイン室 Team I
デジタルソリューション事業本部 梅沢 康成さん
エンジニアリング&サポートサービス事業本部 中田 有理子さん
ビジネスデザイン統括本部 多田 裕司さん
ビジネスデザイン統括本部 鈴木 良太郎さん

画像3


この記事が参加している募集

オープン社内報

ありがとうございます!
18
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com