新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

NESICが目指す未来のまち「Digital×Town」

みなさんはじめまして!

NECネッツエスアイ(以下NESIC) コーポレートコミュニケーション部の新入社員、神谷と申します!今年の4月に入社し、新社会人として毎日奮闘しております。同じ新社会人の方、一緒に頑張りましょう!!!💪

note初投稿ということで拙い部分もあるかと思いますが、最後までご覧いただけると幸いです!✨


さて、今回はNESICのまちづくりについてのお話です。

というのも、7月6日(火)にNESICの日本橋イノベーションスペースにて「まちづくりのデジタルシフトについて」と題し、記者会見を行ったからです。📢

iOS の画像 (22)

コロナ禍ということもあり、オフィスに来ていただく対面形式と、Zoomでのオンライン配信形式を併用した、ハイブリッド方式での会見でした。

余談ですが、私の就活時は会社説明会から最終面接まですべてオンラインでの実施であり、その先進性が入社の決め手の一つだったりします・・・!😊


それはさておき、記者会見に話を戻しましょう!


まちづくりのデジタルシフト」とは・・・、

ざっくり言いうと、まちをデジタル化する!

そして、デジタル化によって得られたデータを使って、新しいサービスにつなげる! というものです。🏬🏡🏢


画像6

NESICは、「Digital×Town」というコンセプトのもと、まちづくりに取り組んでいます!

👇👇👇「Digital×Town」の詳細はこちらから👇👇👇



まちがデジタル化すると、こんなまちで生活が送れるようになります!


安全・安心なまち!センサーやカメラによって、自分の子どもの居場所を、どこからでも確認できます。また、遠方に住むおじいちゃんおばあちゃんの見守りも可能で、顔が見たくなったらいつでもビデオ通話でつながれます!

画像4

ロボットがはたらくまち!レストランで席まで案内してくれたり、料理を持ってきてくれたりするのは、人間の店員さんではなくロボットの店員さんになるのです。人間の店員さんとロボットの店員さんが一緒にはたらく世界・・・、まるで映画のようですね!

画像3

災害に強いまち!センサーが川や池を監視し、離れたところから安全に情報収集ができます。その情報は、まちに張り巡らされた通信網によっていつでもどこでも受け取ることができます!📲

画像4


これはほんの一例ですが、まちのデジタル化は、安全・安心で快適な生活を私たちにもたらしてくれます!まだ先のことだと思っていた未来のまちが、もうすぐそこまできていると思うと、なんだかワクワクしますね!😆


今回の執筆を通して、NESICは本当に様々な事業に携わっていると改めて実感しました。就活の時の企業研究で苦労したのは、ここだけの話です・・🤐

最近では、お魚の養殖事業🐟にも進出しており、NESICの活動の場はどんどん増えています!

これからもNESICの取り組みにご期待ください!👏


この記事は コーポレートコミュニケーション部 神谷が作成しました。

画像5



👇👇👇記者会見の詳細はこちらから!👇👇👇





この記事が参加している募集

オープン社内報

ありがとうございます!
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com