新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テレワークで管理者は大変!?社員の勤務場所、体調の管理をお助け

背景とコンセプト

緊急事態宣言下でテレワークで仕事をする人が増える中、、総務や人事などの部門の方から、「勤務場所や、体調管理をメールやエクセルで毎日管理していて大変。。。」というお声をよく頂きます。

2月末、NECネッツエスアイ(以下NESIC)においても、同じような状況が発生しつつあったので、
①ユーザ観点:いつでもどこでも、簡単に報告できる
②管理者観点:一目でわかる、集計できる、体調不良者を即時にピックアップできる
というコンセプトのもと、下記のような仕組みを、なんと新卒2年目※当時 の若者(原さん)が作ってくれました!
※2020/09までの利用であれば、無償提供中 (詳細はこちら)

画像4

使うツール

①チャットツール(Slack もしくは Teams) ※本件NESICではSlackを利用
②クラウド連携ツール ※iPaaS→クラウド同士を簡単に連携+自動ワークフローを作れる(Workato)

利用者イメージ ※Slackスマートフォン画面

毎日botから投稿があり、絵文字アイコンを押すだけで報告完了!
①勤務場所(左)  ②体調管理(右) 

画像2

管理者イメージ

勤務場所、体調管理分析(Slack上)+CSV出力

画像3

実際の利用者/管理者からの声

①利用者:
・絵文字を押すだけなので、説明も特段必要なく、直感的に操作ができる
・報告業務が必要ないので楽になった

②管理者:
・一目でわかるので、確認作業がとても楽になった
・体調不良の人に適切なタイミングでフォローができた
・報告をしていない人でも、即座もわかる

本機能、2020年9月30日 までは無償提供しています(Slack/Teamsは各自にてご準備下さい)

NESIC社員の方の周りで、上記困ってそうな方がいらっしゃったら、是非下記サイトを教えてあげてください!
また、本記事ご覧になられている方も、よかったら会社の方や、周りの方に教えて頂ければと思います。

特設サイト:


1日も早く、このような事態が収束し、また皆で元気に仕事ができる日を願っています!!!

本日の記事は小尾が作成いたしました!
ご協力頂いた方 ※テレワークにつきZoomにて取材しました
デジタルソリューション事業本部 原 和裕さん
ビジネスデザイン統括本部 鈴木 良太郎さん

画像5

画像1



この記事が参加している募集

オープン社内報

ありがとうございます!
24
私たちはコミュニケーションをデザインする会社として、 様々な通信インフラの構築から、働き方支援まで、幅広く提供しています。 私達が実践しているコミュニケーションの工夫を発信していきます! 取材等のお問い合わせはこちら:nesic-note@ml.nesic.com